巨人・岡本 主砲がお待たせ!OP戦第1号 無観客試合1戦目、無人の右翼スタンド中段へズドン

[ 2020年2月29日 19:07 ]

オープン戦   巨人―ヤクルト ( 2020年2月29日    東京D )

<巨・ヤ>6回無死、右越えにソロ本塁打を放った岡本はナインとハイタッチ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 巨人の主砲・岡本和真内野手(23)が29日、ヤクルトとのオープン戦(東京D)で待望のオープン戦初アーチを放った。

 この日から無観客試合となった1戦に「4番・三塁」で先発出場。2―1で迎えた6回の第3打席に先頭打者として入ると、ヤクルト3番手・石山の代わりバナ、1ボールからの2球目147キロ直球を無人の右翼スタンド中段へ叩き込んだ。

 「打ったのはストレート。逆方向にしっかりと打ち返すことができて良かったです」と岡本。逆方向の右翼中段に叩き込んだ一発を冷静に振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース