中日・大野雄 開幕前哨戦・広島戦は真っ向勝負「今の自分の投げられる球を」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

ナゴヤドームのマウンドで投げ込む大野雄(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 開幕投手に決まっている中日・大野雄は28日、3月1日に登板を予定する広島との前哨戦へ真っ向勝負を誓った。

 「去年も何度も対戦している。投げる時点で隠すことはない。しっかり今の自分の投げられる球を投げる」

 今春初実戦だった23日のDeNA戦は3回3失点ながら、「点は取られたけど、3イニング投げられた」と調整に不安はない。ナゴヤドームでの練習を再開し、投内野連携などより実戦に向けた練習で汗を流した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として無観客試合が決定。「鳴り物や観客がいる雰囲気に慣れたいが、仕方ない。不思議な感じだけど…」と平常心で3・20への予行演習に備えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース