強度アップ!ヤクルト奥川、3度目ブルペンへ 捕手立たせ40球メド

[ 2020年2月29日 05:30 ]

笑顔でキャッチボールを行うヤクルトのドラフト1位・奥川
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・奥川(星稜)は、29日に3度目のブルペン投球を行う。これまで同様、捕手は立たせた状態ながら、小野寺2軍投手コーチは「球数は前回30だったので、40(球)くらいいければ」と強度を上げる。

 また、星稜を運営する学校法人稲置学園から同野球部では元ヤンキースの松井秀喜氏以来となる理事長賞が授与されることが決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース