ソフトバンク 連勝スタートで日本一確率62%→75%に上昇 4連勝なら23日に胴上げ

[ 2019年10月20日 21:45 ]

SMBC日本シリーズ2019第2戦   ソフトバンク6―3巨人 ( 2019年10月20日    ヤフオクD )

<日本シリーズ ソ・巨2>7回無死一、三塁、先制3ランを放った松田宣はベンチ前で恒例の雄叫び撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がってきたソフトバンクが日本シリーズ第2戦(ヤフオクD)もセ・リーグ覇者の巨人を6―3で撃破して2連勝。球団初となる3年連続日本一への確率は、白星発進の62%からさらに上がって75%となった。

 先発投手の高橋礼が5回まで完全、7回2死までノーヒットノーランの7回1安打無失点快投。0―0で迎えた7回に松田宣がバックスクリーンへ1号3ランを叩き込んで先制すると、8回には柳田が左越え1号ソロ、福田も右越え1号2ランで続いて巨人のリリーフ陣を粉砕した。

 ソフトバンクは本拠ヤフオクドームでは2011年の第7戦からこれで日本シリーズ14連勝。日本シリーズ初戦から2連勝したケースは過去に36回あり、そのうち27回が日本一に。あくまで過去のデータ上ではあるが、ソフトバンクの日本一確率は75%となった。

 7試合制で行われる日本シリーズは21日の移動日を挟み、22日から巨人の本拠・東京ドームに舞台を移して第3~第5戦が行われる。試合開始時間はいずれも午後6時15分。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月20日のニュース