日本ハム・金子 海外FA権行使せず残留表明「北海道のファンの皆さんのため一生懸命頑張る」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

海外FA権を行使せず、残留会見を行った金子(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・金子が札幌市内で会見を行い、保有する海外FA権を行使せずに残留すると表明した。1年契約で現状維持の年俸1億8000万円プラス出来高で契約した35歳右腕は「北海道のファンの皆さんのため一生懸命頑張る」と語った。

 昨オフにオリックスを自由契約となり「一番最初に声を掛けてくれた」と恩義を感じて入団。「結果に納得してない」と語るが今季は先発、中継ぎでフル回転し26試合で8勝7敗、防御率3・04だった。練習姿勢は若手の手本となり、多彩な変化球の握りなども惜しみなく伝授。15勝で最多勝に輝いた有原やチームトップ65試合に登板した玉井らが「練習を見てるだけでも勉強になる」と感謝する。

 「もう来年16年目だけど、ここまで達成感はない。優勝してないからだと思う」と金子。来季もフル回転し、チームを頂点に導く。(山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月20日のニュース