ヤンキース・サバシア、現役に幕 左肩亜脱臼で登録外「投げられなくなるまで投げた」

[ 2019年10月20日 02:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ 第5戦   ヤンキース4-1アストロズ ( 2019年10月18日    ニューヨーク )

アストロズに勝利し、タッチを交わすヤンキース・サバシア。右は田中
Photo By 共同

 前日の第4戦で左肩を痛めて交代したヤンキースのサバシアが出場選手登録を外れた。今ポストシーズン中は再登録ができず、今季限りで現役を引退するため、ここで通算251勝左腕が選手生活に幕を下ろした。

 左肩は亜脱臼しており「投げられなくなるまで投げた。これが良い終わらせ方じゃないか」とサバシア。試合中にベンチでの立ち姿が場内ビジョンに映されると、大歓声で沸き上がっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月20日のニュース