王会長、ソフトBの投打絶賛 自身の経験踏まえ慢心なし「とにかく4つ勝たないといけないから」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

日本シリーズ2019第1戦   ソフトバンク7-2巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオD )

初戦を勝利しベンチ奥で工藤監督(左)を拍手で迎える王会長(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの王貞治球団会長は7回1失点と力投した千賀を「プレッシャーのかかる一番大事なところでいい投球をしてくれた」と褒め、7得点した打線も「それぞれがよく打った」とねぎらった。

 巨人と日本シリーズで対戦するのはダイエー時代の00年以来。当時は監督として臨み、2連勝と好発進した後に4連敗を喫した。苦い経験があるだけに「とにかく4つ勝たないといけないから」と気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月20日のニュース