【日本シリーズ大分析3】試合決めた代走・周東の足…ソフトB、ここぞで光る厚い選手層

[ 2019年10月20日 08:40 ]

日本シリーズ2019第1戦   ソフトバンク7-2巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオD )

7回無死二塁、内川のバントで三進する二走・周東(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 試合を決めたのは3―1の7回無死二塁の場面だった。二塁打の松田宣の代走・周東。内川の送りバントは投手正面だったが、足だけで三塁セーフにした。あそこで流れが切れてしまうと、まだ、展開は分からなかった。6回1死満塁では中村晃の浅い中飛で三塁走者・牧原が生還。足を使えたことは大きい。

 今季は柳田らケガ人が多く出たが、その期間に出てきた周東のような選手が、ベンチの厚みを増している。

 私がプロ4年目だった00年のONシリーズは左肩の故障から病み上がりでの試合だった。東京出身でジャイアンツと日本シリーズをやるのはまたひと味違う感覚だった。世の中が「王さん対長嶋さん」を望んでいたし、お二人がベースの近くに立った時、偉大さ、凄さが伝わってきた。

 あのシリーズは2連勝の後、4連敗した。一つの失策などで流れは変わるが、この初戦を見る限り、ソフトバンクはブルペンも強力。巨人がそれをつかむためには5、6回までリードを奪う展開が必要だろうと感じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月20日のニュース