日本S開幕戦 ソフトBファンの柔道女子78キロ超級・素根が始球式「しっかり投げられた」

[ 2019年10月20日 05:30 ]

日本シリーズ2019第1戦   ソフトバンク7-2巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオD )

始球式を行った素根輝(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 8月に柔道世界選手権で初優勝を果たした女子78キロ超級の素根輝(あきら、19=環太平洋大)が、第1戦の始球式を務めた。

 福岡県久留米市出身で大のソフトバンクファン。背番号「1」のユニホーム姿で投げ、ワンバウンドでストライクに。「理想はノーバウンドで届けたかったが、しっかり投げられた」と満面の笑みだった。来年の東京五輪の金メダルに向け「初めてあんな大勢の前に立った。そういう経験ができて良かった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月20日のニュース