阪神、逆転サヨナラ!4番降格の大山、意地の劇的3ラン

[ 2019年8月10日 21:59 ]

セ・リーグ   阪神6―5広島 ( 2019年8月10日    京セラD )

<神・広>9回無死一、二塁、右越えに逆転サヨナラ3点本塁打を放ち、ガッツポーズの大山(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 阪神が劇的な逆転サヨナラ勝ちを飾った。

 2点リードの9回無死一、二塁の好機で、今季初めて4番を外れ6番に降格した大山がフランスアの直球を捉えて右翼越えの今季12号3ラン。敗色濃厚の展開で若き主砲が意地を見せ、ダイヤモンドを1周した大山は笑顔で歓喜の渦に飛び込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月10日のニュース