阪神・梅野 3試合ぶりスタメンで同点二塁打

[ 2019年8月10日 18:53 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2019年8月10日    京セラD )

<神・広>2回1死一塁、同点の時打二塁打を放つ梅野(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神・梅野が意地の一撃で試合を振り出しに戻した。1点劣勢の2回1死一塁で床田のツーシームを捉えて右中間を破る適時二塁打。ここ最近は坂本、原口に先発マスクが増えていた中で3試合ぶりにスタメン出場で存在感を示した。

 この日は試合前に早出で左翼スタンドへ向かってロングティーを敢行。偶然にもスタジアムツアーで三塁ベンチを訪問していたファンの目の前でフルスイングを披露し歓声を浴びた。「甲子園ではなかなかできないので。気分転換にもなるし、しっかり振り込めた」と大粒の汗をぬぐっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月10日のニュース