楽天 逆転負けで4位に再転落 オリ3番・吉田正に4安打浴びた…平石監督「何とかしないと」

[ 2019年8月10日 22:25 ]

パ・リーグ   楽天4―8オリックス ( 2019年8月10日    楽天生命パーク )

<楽・オ>6回、降板する菅原(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天が逆転負けで4位に転落した。初回に浅村の適時二塁打で先制し、2回には田中が今季1号ソロを放って2点のリード奪った。ところが、5回まで無失点投球を続けていた先発・菅原が6回の先頭・西野、吉田正に連打を浴びたところで降板。2番手の久保も相手打線の勢いを止められず、この回一挙5点を失った。

 1イニングを投げ3安打3失点で今季初黒星を喫した久保は「良い時もあれば悪い時もある。自分の投球ができなかった」と振り返った。この試合で相手の3番打者・吉田正は4安打1四球。平石監督は「何とかしないといけない。状態が良いのは分かっていたけど、攻め方を考えたい」と険しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月10日のニュース