DeNA・桑原 1カ月ぶり1軍復帰「出たところで役割果たしたい」

[ 2019年8月10日 18:33 ]

 DeNAの桑原将志外野手が10日、1軍に再昇格した。

 約1カ月ぶりの1軍舞台に「テレビを見ていてもチームの雰囲気はいい。それに乗っていけるように。出たところで役割を果たしたい」と意気込み。ラミレス監督は「外野の3ポジションできるし、足もある。勝っているときのディフェンスの一番の選手という面で上げた」と説明した。

 またこの日から、東克樹投手が1軍に合流。昨季の新人王はキャッチボールなどで汗を流し「状態はいいです」と明るい笑顔を見せた。12日のヤクルト戦(神宮)で、6月6日オリックス戦以来、約2カ月ぶりの1軍マウンドに上がる見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月10日のニュース