沖縄尚学、勝敗分けた9回の攻防 奥原2連続スクイズ成功も「悔しい」

[ 2019年8月10日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第4日1回戦   沖縄尚学4―5習志野 ( 2019年8月9日    甲子園 )

6回1死満塁、沖縄尚学・奥原が勝ち越しのスクイズを決める(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 沖縄尚学は1点リードを9回に追いつかれ、延長10回の末に敗れた。比嘉公也監督がポイントに挙げたのは9回1死一塁で相手が決めた二盗だ。得点につなげられ「あそこで仕掛けてくるとは思わなかった。それが全国との差ですかね」と唇をかんだ。

 4回と6回に2打席連続でスクイズを決めた奥原は「決める自信はありました。勝てなかったことが悔しい」と涙を流した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月10日のニュース