DeNAドラ2ルーキー・伊藤裕がプロ1号&2号連発!反撃ソロに続き同点2ランで勝利貢献

[ 2019年8月10日 21:14 ]

セ・リーグ   DeNA5-4中日 ( 2019年8月10日    横浜 )

<D・中>8回無死一塁 同点2ランを放ち三塁を回り雄たけびを上げる伊藤裕(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト2位ルーキー・伊藤裕季也内野手(22)が10日、5番・二塁で先発出場。6回にプロ初のホームランを打つと、8回の次打席では同点2ランを打つ離れ業で、勝利に貢献した。

 1―3の6回に迎えた第3打席。ここまで今季初登板の中日・小笠原に抑えられていたが、カウント0-1からの2球目をフルスイングすると、打球はレフトスタンドギリギリに飛び込む本塁打。2-3に詰め寄る反撃の1号ソロは、自身にとってうれしいプロ入り初のホームランとなった。「打ったのはストレートだと思います。詰まっていたので、スタンドに入るとは思いませんでした。1、2打席共に凡退していたので、なんとか塁に出ようと思って打席に向かいました。プロ初本塁打となり、素直にうれしいです」とコメントした。

 次打席は2―4の8回。ロペスがヒットで出塁すると、中日・ロドリゲスがカウント0-1から投じた2球目を強打。打球はまたもレフトスタンドギリギリに飛び込み、値千金の同点2ランとなった。「手応えもよかったです。力のあるストレートに負けないように、しっかりと打ち返そうと思って打席に向かいました。同点に追いつくことができて嬉しいです」と気合の入った表情で話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月10日のニュース