高松商4元号1勝お預け 香川6失点完投も「高めに抜ける球多かった」

[ 2019年8月10日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会 第4日1回戦   高松商4―6鶴岡東 ( 2019年8月9日    甲子園 )

力投する高松商・香川(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 高松商(香川)は4元号出場校で最初の令和1勝を狙ったが、香川が144球完投しながら9安打6失点で逆転負け。左腕は「高めに抜ける球が多かった。甲子園は簡単に勝ちきれる場所じゃない。打たれたのはレベルが低いということ」と話し、5月に負った腰の疲労骨折の影響を言い訳にしなかった。

 1メートル65と小柄だが、U―18代表候補にも選ばれた逸材。「突破口を開くためにやってきたつもり。谷口の代で1勝してほしい」。9回に適時三塁打を放った後輩に令和初勝利の夢を託した。

○…大正、昭和、平成、令和の4元号で出場を果たしたのは高松商(香川)のほか、静岡、米子東(鳥取)、広島商の計4校だが、高松商、静岡、米子東がそろって1回戦で敗退。今大会で4元号勝利達成の可能性があるのは、10日に岡山学芸館と戦う広島商だけとなった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月10日のニュース