楽天・田中 右打席で今季1号 「秀が頑張っていたので」同級生へ援護弾

[ 2019年8月10日 19:23 ]

パ・リーグ   楽天―オリックス ( 2019年8月10日    楽天生命パーク )

<楽・オ>2回1死、ソロ本塁打を放つ田中(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天の田中和基外野手(25)が、10日のオリックス戦(楽天生命パーク)で今季1号ソロを放った。「8番・中堅」で先発出場。1点リードの2回の第1打席で、相手先発・山崎福が投じた外角高めの直球をバックスクリーンへと運んだ。

 「3ボールだったので、甘い球は積極的にいこうと思っていた。同級生の(先発・菅原)秀が頑張っていたので、打つことができて良かったです」

 昨季の新人王は、3年目の今季は不本意なシーズンを送っている。5月13日に左手首三角骨の骨折で出場選手登録を抹消された。7月5日に1軍に合流するも、同18日に再び出場選手登録を抹消。7月の昇格時は手首への負担を考慮して左打席に限定されていた。2軍では右打席に重点を置きながら調整し、8月5日に1軍に再び合流した。今季148打席目で生まれた1号は、試合前の時点で27打数2安打(打率・074)だった右打席での一発だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月10日のニュース