佐々木、大船渡市長の賛辞に照れ笑い 準優勝報告に“志願の”参加

[ 2019年7月30日 05:30 ]

大船渡市役所に訪れた大船渡(左から)佐々木、千葉主将、国保監督(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大船渡・佐々木は29日、戸田公明大船渡市長(70)を訪問。国保陽平監督、千葉主将らとともに岩手大会準優勝の報告を行った。本来なら混乱を避けるために別の部員が参加予定だったが、「応援していただいたので自分が行きたい」と直訴したという。

 準優勝盾を持って会議室に入ると、同市長から「さっと投げたら160キロ。うわっ、凄いなって感動しました。世界に大きな話題を提供してくださり大変素晴らしい」と賛辞を贈られ、照れくさそうに笑った。国保監督は「地元の方々から大変力をいただきました。ありがとうございました」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月30日のニュース