ソフトB・松田宣、またメモリアル弾!チーム令和1号に続き100号も打った

[ 2019年7月30日 22:40 ]

パ・リーグ   西武5―2ソフトバンク ( 2019年7月30日    メットライフD )

<西・ソ>6回2死、ソロ本塁打を放った松田宣(左)は恒例のパフォーマンス(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの「お祭り男」が“令和メモリアル弾”を独占した。

 松田宣浩内野手(36)が6回に右翼席へ23号ソロ。これが12球団一番乗りとなる「チーム令和100号」となった。実は5月3日の楽天戦(ヤフオクドーム)に放った一発が「チーム令和1号」だったのだ。

 36歳のベテランは「本当?(令和)1号と100号が自分なの」と目を白黒。チームは敗れたものの、ベテランは8回にも中前打を放つなどチーム唯一のマルチ安打に「調子は悪くない。これからも頑張ります」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月30日のニュース