甲子園初陣で2発!阪神・ソラーテ 家族の前でメモリアル&劇弾「歴史に名を残せて良かった」

[ 2019年7月30日 22:44 ]

セ・リーグ   阪神7―6中日 ( 2019年7月30日    甲子園 )

<神・中>9回無死一塁、サヨナラ2点本塁打を放つソラーテ(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神は、9回にソラーテのサヨナラ本塁打で勝利した。

 ソラーテは、お立ち台で笑顔で開口一番に「アリガトウ!アリガトウ!アリガトウ!」と日本語で喜び。「信じられない気持ちです。自分を受け入れてもらって感謝しています。家族が来ていて、自分には欠かせない存在なので感謝しています」と感謝の言葉を並べた。

 5回に放った球団通算8000号については「8000号ということで嬉しい気持ちでいっぱいです。歴史に名を残せて良かったです」と語り、9回のサヨナラ弾については「ランナーを進めることが出来ればと思って打席に入りました。ファンの方々や家族に支えられてこの結果になったので、感謝します」と再び周囲のサポートに感謝した。

 甲子園デビューでの本塁打についても「嬉しい気持ちでいっぱいです。今日は打てて、勝ちに貢献することが出来たのでこの調子でプレーしていきたいと思っています」と今後に向けて意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月30日のニュース