【大阪】履正社、初の春夏連続出場 主砲井上が3戦連発

[ 2019年7月30日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 大阪大会決勝   履正社7―2金光大阪 ( 2019年7月29日    大阪シティ信用金庫スタジアム )

<金光大阪・履正社>4回、左越えソロ本塁打を放つ井上(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 3本塁打7得点で粘る金光大阪を振り切り、チーム史上初の春夏連続出場。履正社(大阪)の岡田龍生監督は「甲子園に戻ってリベンジしようと言い続けてきた」と充実の表情で汗を拭った。激闘の中心で奮闘したのが井上だ。

 0―1の4回1死、左越えに高校通算46号の同点ソロ本塁打。「僕が打てば、チームが勢いづく」。準々決勝から3戦連続、大会4本目の本塁打に、野口主将も1死から左中間に勝ち越し2ランで続いた。4―2の7回には2年生・小深田の中越えソロで突き放した。

 昨夏の北大阪大会準決勝。根尾(現中日)、藤原(現ロッテ)らを擁する大阪桐蔭を9回2死無走者まで4―3と追い込んだが、悪夢の逆転負け。痛恨の敗戦を糧にした。井上は昨夏から体重は12キロ増の95キロ。追い込まれるとポイントを手前に置いて対応するため、差し込まれる傾向があったが、体の力で球を押し込むことが可能になった。この日の本塁打も「レフトフライかと思った」。本塁打を放った3選手はいずれも、昨夏・大阪桐蔭戦の先発メンバーだった。

 今春センバツは初戦で星稜・奥川相手に3安打零敗。井上は「目標は優勝ですが、絶対に甲子園に戻って校歌を一回でも歌いたいと思ってやってきた」と力を込める。全国3番目の激戦区を勝ち抜いた。次に狙うは全国49代表の頂点だ。(桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月30日のニュース