DeNA“カミサノ”3球で先制 「初球から積極的に打ちにいこうと…」

[ 2019年7月30日 18:29 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2019年7月30日    横浜 )

<D・ヤ>初回無死二塁、中前適時打を放つ佐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAが「カミサノ」の速攻で先制に成功した。

 3試合ぶりに1番起用された神里和毅外野手が、ブキャナンの2球目の直球を捉え、左中間を破る二塁打で出塁。2番の佐野恵太内野手が初球の速球を中前へはじき返した。わずか3球でスコアボードに「1」を刻み「初球から積極的に打ちにいこうと決めていました。先制できうれしいです」と笑みをこぼした。

 12年から続く横浜スタジアム真夏の風物詩「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」初戦で、幸先よく先制点を奪った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月30日のニュース