推定150m!ロッテ・安田、井口監督の前で超特大弾 右翼席最上部の照明直撃

[ 2019年7月30日 16:13 ]

イースタン・リーグ   ロッテ―巨人 ( 2019年7月30日    ZOZOマリン )

ロッテ・安田
Photo By スポニチ

 ロッテ2年目・安田が、超特大弾を放った。ZOZOマリンで行われた「親子ゲーム」。0―0の6回無死一、二塁、巨人・古川の内角直球を引っ張ると、打球は右翼席最上部の照明を直撃し、あとひと伸びあれば場外という推定150メートルの12号3ランになった。

 「井口監督の前でホームランを打てたことはいい、アピールにつながったと思う」

 前日29日に母校・履正社が、3年ぶり4度目の甲子園出場を決めたばかり。休日でインターネット中継を見ていた安田は、3試合連続本塁打を放った主砲・井上について「僕が3年生の時の1年生。そのころからすごかった。甲子園優勝を目指してほしい」と後輩たちにエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月30日のニュース