埼玉アストライア、最終戦飾る 泉4打数4安打に笑顔

[ 2019年7月30日 05:30 ]

日本女子プロ野球   埼玉アストライア8―5愛知ディオーネ ( 2019年7月29日    春日 )

 ヴィクトリアシリーズ夏季リーグは、埼玉アストライアが10安打8得点で最終戦を白星で飾った。初回1死一、三塁、4番・今井の三ゴロで先制すると、6番・泉由希の右前打で2点目を挙げた。3回までに7点を奪い、愛知ディオーネの後半の反撃を振り切った。

 4打数4安打の泉由希は「狙い球を絞って打席に入ると決めていたので、それが良い結果につながったと思います」と笑顔。また、田口紗帆内野手が通算200安打を達成した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月30日のニュース