楽天・下水流の移籍後1号アーチで先制「三好君が向こうで打っていたので…」

[ 2019年7月30日 19:00 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2019年7月30日    札幌D )

<日・楽>2回2死二塁、先制の2点本塁打を放つ下水流(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天の下水流昂外野手(31)が30日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、広島からトレード移籍後初となる本塁打を放った。「8番・中堅」で先発出場。2回2死二塁の第1打席で、2ボールからの外角低めの142キロ直球を広い札幌ドームの右翼ポール際へと運んだ。

 今季1号2ランは、貴重な先制弾となり「良いカウントだったので、思い切っていきました。何とか入ってくれましたね」と笑顔。下水流の交換要員として広島に移籍した三好が新天地で2戦連発をマークするなど活躍中で「三好君が向こうで打っていたので、自分も打てて良かったです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月30日のニュース