プロ野球年俸調査 平均年俸1位は巨人の6926万円 4年ぶり“返り咲き” 最下位は…

[ 2019年5月20日 13:48 ]

<中・巨7>試合前の円陣で、朝井打撃投手(右)の声出しで士気を高める岡本(左から2人目)ら巨人ナイン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本プロ野球選手会は20日、今季開幕時の支配下登録選手(外国人選手は除く)を対象とした年俸調査結果を発表した。

 球団別の平均年俸は、巨人が6926万円で4年ぶりに1位。前年まで3年連続1位だったソフトバンクは6538万円で2位だった。12球団の最下位はオリックスの2654万円。

 全731選手の平均は3985万円(出来高払い除く)で前年比0・8%増。過去最高となった。セ・リーグは平均4127万円、パ・リーグは3845万円。

(1)巨人 6926万円
(2)ソフトバンク 6538万円
(3)阪神 4381万円
(4)楽天 4288万円
(5)広島 3887万円
(6)DeNA 3657万円
(7)日本ハム 3304万円
(8)西武 3237万円
(9)ヤクルト 3209万円
(10)ロッテ 3134万円
(11)中日 2973万円
(12)オリックス 2654万円

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース