阪神・谷川、強気投球で2回零封 今季初登板で存在感

[ 2019年5月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―5広島 ( 2019年5月19日    甲子園 )

阪神2番手の谷川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 力強い腕の振りで存在感を示した。2番手で今季初登板した阪神・谷川が2回無安打無失点の好投。若返る中継ぎ陣に、またフレッシュな男が加わった。

 「ゼロで抑えられたのは良かった」

 5点劣勢の6回に出番がやってくると、8番からの3人を簡単に封じた。勝負は2イニング目の7回。先頭・菊池涼の遊ゴロを木浪が後逸して出塁を許す(記録は失策)苦しいスタートにも粘った。

 「腕を振ってしっかり投げることを考えた。三振を取れる投手じゃないんで。(強みは)テンポ、コースを突いていくこと」。ストロングポイントを思い返し、バティスタを右飛、鈴木を三ゴロに仕留め、最後は西川を一ゴロに打ち取った。

 最速145キロの直球を軸に右打者には持ち味のシュートで内角を突いた。昨年、2軍で指揮を執った矢野監督からも「持ち味」として評価されてきた強気の投球だ。試合後、指揮官も「競ったところで(他の投手の)連投が続いたなかで谷川もきてくれるとチームとして助かる」と役割を全うする力投を称えた。

 「ああいう(劣勢、複数回という)場面が増えるので、しっかり準備したい」。今年1月に結婚を発表した男の責任感は強い。ようやく巡ってきたチャンスを簡単に手放すわけにはいかない。
(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース