大谷、2日連続投げた 試合前にキャッチボール80球

[ 2019年5月20日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―3ロイヤルズ ( 2019年5月18日    アナハイム )

試合前、キャッチボールするエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷は試合前にキャッチボールを行い、最長120フィート(約37メートル)の距離で80球を投げた。リハビリ中に2日連続で投げるのは初めてで、ブラッド・オースマス監督は「これからは月、水、金、土曜日」とスローイング日を説明した。

 大谷は「(投球は)半歩ずつくらいの感じで進んでいる。つまずくことなくいくのがベストだけど、つまずいた時に別の方向でできるように、いろいろと探しながらやりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース