DeNA三浦コーチ 引退の上原ねぎらう「刺激を受けてやってきた存在」

[ 2019年5月20日 16:33 ]

アテネ五輪3位の銅メダルを胸に表彰台に立つ、日本代表の(左から)安藤、三浦、松坂、上原、岩隈
Photo By スポニチ

 DeNAの三浦大輔投手コーチが20日、現役引退を決めた上原浩治投手をねぎらった。

 2人は04年アテネ五輪のチームメート。「アテネで一緒にやったし、投げ合ったことは少なかったが年齢も近い。刺激を受けてやってきた存在。悩んで出した結論だと思う。本当にお疲れさまでした」と思いやった。

 上原の凄さについては「技術は全て高いし、テンポが良い。リズムは投手にとって凄く大事なこと。先発だけでなく、ブルペンに入りリリーフをしたり、色んなポジションで全て結果を出すのはなかなかできることではない」という。「メジャーに行って日本に帰ってきてジャイアンツでまたプレーを見せてくれたことは、ジャイアンツにも日本球界にも大きな財産になったと思う」とその存在の大きさを口にしていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月20日のニュース