西武、獅子おどし打線がルーキー援護 満塁弾の森「食らいついて」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武9―3オリックス ( 2019年5月19日    京セラD )

7回1死、満塁弾を放ち笑顔の森(中央)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 西武は獅子おどし打線が16安打9得点でルーキー松本航を援護した。1点リードの7回1死満塁では、森が小林の初球を5階席に突き刺す6号満塁本塁打。直前に4番・山川が申告敬遠され、森は「敬遠されると思っていたので、自分がなんとか食らいついていこうと、積極的にいった」と振り返った。

 8回には外崎が7号2ランを放ち、1番・秋山は4安打と大暴れ。2カード連続の勝ち越しへと導いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース