習志野、鉄壁守備乱れ初戦敗退 小林監督「夏に向けた糧にしないと」

[ 2019年5月20日 05:00 ]

 第71回春季高校野球関東大会は19日、埼玉・大宮公園野球場などで2回戦6試合が行われ、8強が出そろった。今春センバツ準優勝の習志野(千葉1位=推薦)は山村学園(埼玉3位)に2―13の7回コールドで敗れ、初戦で姿を消した。20日は準々決勝4試合が行われる。

 今春センバツ準優勝校が、山村学園に7回コールドで初戦敗退を喫した。投打がかみ合わず、鉄壁を誇る守備も2失策と乱れた。小林徹監督は「夏に向けた糧にしないといけない」と夏の千葉大会までに立て直すことを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース