楽天・浅村7回V弾!リーグ最多14回目逆転勝ちで単独2位浮上

[ 2019年5月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天10―5ロッテ ( 2019年5月19日    ZOZOマリン )

7回2死 ソロ本塁打を放つ浅村 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天・浅村が勝負強さを見せた。5―5の7回、低い弾道で中堅右へ2連発の決勝11号ソロ。「狙っていなかった。感触は良かったので長打になると思った」。平石監督は「あの弾道であそこに放り込める打者はなかなかいない」と称えた。

 8点差を逆転した15日の日本ハム戦は9回に同点ソロ。4点差をひっくり返した前日も8回に同点2ランを放った。両リーグ最多14度目の逆転勝利。「逆転の楽天」の中心にいるのが浅村だ。

 それでも、本人は「最近、試合序盤のチャンスで打てていなかった」と手放しで喜んではいない。チームは貯金1の単独2位に浮上。「調子は徐々に良くなってきている。もっと試合の序盤に打って投手を楽にしてあげないと」。昨季の打点王は勝利の形にもこだわる。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月20日のニュース