慶大、2季ぶりV厳しく 大久保監督「投手の切り方を間違えた」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

東京六大学野球   慶大2―4明大 ( 2019年5月19日    神宮 )

力投する慶大・佐藤(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 慶大は2回に投手の竹田に浴びた満塁本塁打が重くのしかかり連敗した。

 「策がなかなか出せない展開になった。投手の切り方を間違えた」と大久保秀昭監督。これまで2戦目に起用していた木沢ではなく、速球派左腕・佐藤を先発に送り出したが、2回の4失点で後手に回った。明大の安打は2回の3本のみだったが「それも野球」と振り返った。これで2季ぶりの優勝は苦しくなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース