上原、ツイッターで引退報告 ファンは悲鳴、感謝…「泣きそう」「いつか戻ってきて」

[ 2019年5月20日 10:56 ]

3月のオープン戦、ロッテ戦で力投する上原
Photo By スポニチ

 巨人の上原浩治投手(44)が20日、自身のツイッターを更新し、きょう20日をもって現役を引退することを発表した。

 上原は「今日で引退となります。長い間、応援ありがとうございました」とファンやユーザーへ感謝の気持ちを込めて引退の報告。「まだ心の中、頭の中がごちゃごちゃしてますので、とりあえずはご報告まで…」とつづった。

 日米で活躍したチームの功労者の発表に、ファンからは労いや、感謝の声が続々。「泣きそう」「帰ってきてくれて、投げ続けてくれて、本当にありがとうございました」「今のジャイアンツの投手陣に『雑草魂』を引き継いで欲しい」「ゆっくり体を癒やして」「いつか指導者として戻ってきて」などのコメントがあふれた。

 上原は米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、昨年3月に10年ぶりに日本球界に復帰した。昨季は36試合に登板して0勝5敗、防御率3・63。7月20日に記録したホールドで、日米通算で100勝、100セーブ、100ホールドを達成したが、今季はここまで1軍での登板はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース