巨人、初回6球で先制も…中日・清水から追加点奪えず

[ 2019年5月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―5中日 ( 2019年5月19日    ナゴヤD )

好機で併殺に倒れ試合が終了し、肩を落としてベンチへ戻る岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 清水を崩しきれなかった。巨人は初回先頭の山本が中越えに二塁打を放つと、坂本勇が初球を中前適時打と6球で先制し、2死から2点目も奪ったが、2回以降は沈黙。9回に代打・大城のソロ弾で1点差としたものの、1死一、三塁で岡本が二ゴロ併殺に倒れた。

 原監督は「なかなか追加点が挙げられなかった」と指摘した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月20日のニュース