早大・中川卓が初打点 大阪桐蔭同級生の一言で吹っ切れた

[ 2019年5月20日 05:30 ]

東京六大学野球   早大5―3法大 ( 2019年5月19日    神宮 )

2回1死一、二塁、左中間へ適時二塁打を放った早大・中川卓はベース上でガッツポーズ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 早大は法大に5―3で競り勝ち、タイとした。大阪桐蔭の主将として昨年の春夏甲子園を連覇した中川卓がリーグ初打点を挙げた。2回1死一、二塁で左中間二塁打。「今まで迷惑ばかり掛けていたので、うれしかった」。

 ここまで大学生のスピードに苦しんで打率は1割以下だったが、立大4番に定着した高校時代の同級生・山田からのひと言に救われた。「初球から思い切っていけばいいんちゃう」。この日の2安打はともに2球目と積極性を取り戻した。「明日勝たないと意味がありません」と吹っ切れた様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース