【隠しマイク】DeNA上茶谷、初勝利の祝福LINE「何件だと思います?」

[ 2019年5月20日 08:00 ]

DeNA・上茶谷(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

◎歴史に詳しい日本ハム・栗山監督は鹿児島の鴨池球場の三塁ベンチで報道陣に囲まれ「ここは名所、旧跡が多いから行っておいでよ。俺の取材はいいから」。そうもいきません。

◎ソフトバンク・高谷はブルーのユニホームで行われる今年の鷹の祭典での特注プロテクターを提案され、「メーカーさんと相談します。あ、でも、ここが青いからいらないか」。すぐに伸びるヒゲをジョリジョリしていました。

◎巨人・元木内野守備兼打撃コーチは試合前練習で内野ノックを受ける炭谷に「動きが遅い!重い重い!」。炭谷は脚のレガースを指さし、何かを言いたげでした。

◎日本ハム・木田投手チーフコーチは鴨池球場の思い出を問われ「(巨人時代の)91年のオープン戦でいとこの五十嵐章人(当時ロッテ)と対戦したことかな。確か、抑えたよ」。2打席凡退で迎えた7回に右前打を許してます。

◎プロ初勝利から一夜明け、DeNA・上茶谷は祝福LINEの件数を聞かれ「何件だと思います?」と逆質問。記者の「200」の答えに「上いかないでください。100だけです…」。十分凄いのに、何かすみません。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月20日のニュース