トラウト、大谷と今季初アベック弾「彼の前を打つのは最高」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―3ロイヤルズ ( 2019年5月18日    アナハイム )

 エンゼルスの主砲トラウトは初回に先制ソロを運び、大谷とのアベックアーチは今季初、通算5度目となった。

 左中間へ、飛距離473フィート(約144メートル)はスタットキャスト導入後自身2番目の飛距離で、通算250号の節目。大谷の復帰を待ちわびていた主砲は「彼の前を打つのは最高。打線に厚みをもたらしてくれている」と競演を喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月20日のニュース