日本ハム、雨に泣き3位転落 栗山監督「結果が全て」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―4ソフトバンク ( 2019年5月19日    鹿児島 )

ベンチで試合を見つめる栗山監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハムは熊本、鹿児島で連勝なら首位奪取だった2連戦で4月17日以来の2連敗。雨で1時間の中断を強いられた前日に続き、この日も2点ビハインドで5回コールド敗戦と雨に泣いた。

 3点を追う4回は、1点差に迫り、なお1死満塁で好調の大田、近藤が凡退。勝率5割に戻り3位に転落した栗山監督は「こっちに力がなくてやられた。(雨は)お互いさま。結果が全て」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月20日のニュース