ダルビッシュ 5回途中2失点 マメ破れて降板も次戦は問題なし

[ 2019年3月20日 15:23 ]

マリナーズ戦に登板したダルビッシュ (AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(32)が19日(日本時間20日)に行われたマリナーズとのオープン戦に先発し、5回途中、4回2/3を投げて5安打2失点(自責1)、6奪三振2四球だった。チームは6―4で勝利した。

 ダルビッシュは2回と4回にそれぞれ失点。5回、2死二塁の場面で四球を与えると、右手薬指のマメが破れたため、ここでマウンドを降りた。マメはスライダーを投げた際に破れ、降板直後は痛みがあったとのことだが、試合後には「もう痛みはなく、次回の登板も大丈夫」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース