広島・長野、3試合ぶり実戦復帰 代打で三振も緒方監督「大丈夫」

[ 2019年3月20日 05:30 ]

オープン戦   広島4―3ヤクルト ( 2019年3月19日    神宮 )

6回2死、代打・長野は空振り三振に倒れる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 広島は19日のヤクルト戦(神宮)で、長野が右ふくらはぎ付近に死球を受けた14日のオリックス戦以来、3試合ぶりに実戦復帰した。

 6回2死から代打で出場し、左腕・ハフが内角低めに投じたカットボールに空振り三振。試合後は「特になし」を6回繰り返した。緒方監督は「大丈夫だって。明日は問題ない」と話し、20日のDeNA戦(横浜)では途中出場から外野守備に就く可能性を示唆した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース