ソフトB・東浜、5回途中3安打2失点5K

[ 2019年3月20日 19:44 ]

オープン戦   ソフトバンク―楽天 ( 2019年3月20日    ヤフオクD )

ソフトバンク先発・東浜(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの東浜巨投手(28)は20日、ヤフオクドームで行われた楽天戦に先発し、4回2/3、88球を投げて、3安打2失点,

5奪三振。2月に左脇腹の張りで出遅れ、ここまでオープン戦2試合は本来の投球ができておらず、3試合目にして、ようやく開幕ローテに向けて結果を残した。

 初回は茂木、辰己、浅村を三者凡退に抑えた。2回は先頭打者の島内に味方の失策で出塁を許すと続くブラッシュから見逃し三振奪う。しかし直後の銀次に中前安打を打たれて、一死1、3塁のピンチを迎え、続くウィーラーに中越え適時二塁打を打たれて2点を失った。3回は2死から浅村に四球。しかし続く島内を空振り三振に仕留めた。4回も三者凡退で抑えた。

5回は、1死からオコエにレフトフェンス直撃の二塁打を打たれ、続く茂木を投ゴロで抑えたところで2番手の川原にマウンドを譲った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース