ロッテの新外国人左腕ブランドン 西武戦で4回2失点「チェンジアップはよかった」

[ 2019年3月20日 15:30 ]

<西・ロ>ロッテ先発・ブランドン(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人左腕ブランドン・マン投手(34)が20日、西武戦(メットライフドーム)に先発し、4回5安打2失点。井口監督は開幕ローテーション入りを明言しており、開幕2カード目となる同カード(同)で先発する予定だ。

 「あと2週間ある。自分自身、できることをしっかりやって、開幕を迎えたい」

 右打者へのチェンジアップにはキレがあり、3回2死一塁では山川を空振り三振に仕留めるなど「チェンジアップはよかった」と本番でも対戦する強打者に通用したことに手応えを感じていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース