札幌第一 背番11近藤、全力投球で2年前出場の兄超える

[ 2019年3月20日 05:30 ]

甲子園室内練習場で体を動かす札幌第一・近藤(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕)の出場校の甲子園練習第2日は19日、甲子園球場の室内練習場で行われた。

 背番号11を背負った札幌第一・近藤がブルペンで小気味良い音を響かせた。「いつも通りボールの質が良くて、調子が良かった」。好感触に思わず笑みがこぼれてきた。

 昨秋の公式戦登板機会は2試合1回1/3ながら度胸満点の投球が魅力。菊池雄人監督(46)が「総力戦」と位置付ける25日の山梨学院戦では出番がありそうだ。「いつでもいけるように準備する」。近藤ははやる気持ちを抑えるように言った。

 2年前、兄・匠さんが札幌第一の背番号15でセンバツに出場し、高崎健康福祉大高崎に1―11で敗れた。三塁側アルプス席で応援していた近藤は「連打が続くのが甲子園」と流れを止められない怖さを痛感した。「周りは関係ないイメージで、バッターと一対一で対戦したい」と心構えはできている。

 匠さんは甲子園では出場機会がなかった。今春、法大に進学して準硬式に転向する兄からは「楽しんだ方がいい結果になる」と助言された。「兄の分も甲子園でプレーするつもり。兄を超えたい」。自身の出場とチームの春初勝利を目指す。

 ≪左腕エース畠山「状態上がった」≫札幌第一の左のエース畠山和明(3年)は「甲子園に来るのは生まれて初めて。やってやるぞという気持ち」と意気込んだ。今月上旬の静岡合宿で制球難に苦しんだ後、左の股関節にためをつくる意識を持ち、打者を立たせて投げ込んできた。「状態は上がっている。先発でもリリーフでもチームのために尽くしたい」と話した。 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース