監督交代の春日部共栄&松山聖陵が甲子園練習「楽しく明るく戦う」

[ 2019年3月20日 05:30 ]

体幹トレーニングをする春日部共栄ナイン(撮影・後藤大輝)  
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕)の出場校の甲子園練習第2日は19日、甲子園球場の室内練習場で行われた。 

 体罰で監督が交代した春日部共栄(埼玉)と松山聖陵(愛媛)も打撃練習などで汗を流した。春日部共栄の石崎主将は「監督交代直後は一人一人の動揺が隠せない感じがあった」と振り返る。徐々に調子を上げ、植竹幸一新監督は「楽しく明るく戦いたい」と話した。松山聖陵のエース根本は「あの出来事で自分たちがやらないと、という気持ちが出てきた」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース