マリナーズ 東京での開幕戦で逆転勝ち イチローは無安打

[ 2019年3月20日 22:00 ]

ア・リーグ   マリナーズ9ー7アスレチックス ( 2019年3月20日    東京D )

3回2死満塁サンタナは逆転の満塁本塁打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 20日に東京ドームで開幕した、ア・リーグのマリナーズ―アスレチックスは、5本の本塁打が飛び交う空中戦の末、9―7でマリナーズが逆転勝ちした。

 2点を追うマリナーズは3回にゴードンの適時打で1点差にすると、サンタナの右越え満塁本塁打で逆転。4回にも1点を追加し、5回にはベッカムの2点本塁打などで計3点を入れた。

 アスレチックスは初回にピスコティの中越えソロで先制。2回にも1点を加えたが、3回に先発のファイアーズが崩れ、逆転を許すとリリーフ陣もマリナーズ打線の勢いを止められなかった。

 マリナーズのイチローは「9番・右翼」で先発出場したが、二飛、四球の1打数無安打1四球。4回の守備から交代した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース