マリナーズ・サービス監督 イチローの21日の出場を明言

[ 2019年3月20日 22:51 ]

ア・リーグ開幕戦   マリナーズ9ー7アスレチックス ( 2019年3月20日    東京D )

 <アスレチックス・マリナーズ1>勝利し、チームメートとハイタッチするイチロー(中央左)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 マリナーズのイチロー外野手(45)は20日、アスレチックスとの開幕戦(東京ドーム)に「9番・右翼」で先発出場し、1打数無安打1四球だった。4回の守備から交代した。日米通算28年目のシーズンを迎えたイチローは、昨年5月2日のアスレチックス戦以来となる322日ぶりの公式戦出場だった。

 打席内容は3回の第1打席は二飛、4回の2打席目は四球。

 4回で交代が告げられると、いったん右翼の守備位置に就いたイチローは、ゆっくり駆け戻ってきてナインとハグ。ア軍選手も全員立ち上がって拍手。スタンドからも大きな拍手が送られた。

 スコット・サービス監督は試合後「イチローはもちろん、もっとプレーしたかったと思う。ただ、他の選手もプレーしたい。それが今回の形につながった。この試合の意味はよく分かっている。彼が輝く瞬間を演出した。あの場面でふさわしいことやりたいと思った。ハグもふさわしかったと思う」と語り、「あす(21日)イチローはプレーする。スタメンかは分からないが、いつかは出る」と21日の出場を明言した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月20日のニュース