これぞ4番!岡本が7回に勝ち越し32号ソロ 打点は98に

[ 2018年10月9日 20:16 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年10月9日    甲子園 )

<神・巨>7回無死、岡本は左越えに勝ち越しソロを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人の頼れる若き主砲・岡本が同点に追いつかれた直後の7回、値千金の勝ち越し本塁打を放った。

 捕手・小林のエラーで4―4の同点に追いつかれた直後の7回。先頭打者として打席に入った4番の岡本が、この回から登板した阪神3番手・桑原の代わりバナをとらえた。1球見逃した後の2球目スライダーを叩き、打球は左翼スタンドへ飛び込む勝ち越しの32号ソロ。これで98打点目となった。

 岡本は「手応えは良かったです。回の先頭でなんとか塁に出ようと思っていたんですが、いい結果に結びついてよかったです」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース