ロッテ福浦 名球会ブレザーに「ずしりと重みを感じた」

[ 2018年10月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―6ソフトバンク ( 2018年10月8日    ZOZOマリン )

試合前、名球会ブレザーを柴田氏(右)から贈られた福浦(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 史上52人目の通算2000安打を達成したロッテ・福浦の表彰式がZOZOマリンスタジアムで行われた。

 名球会の柴田勲副理事長から名球会入りの証である緑のブレザーを贈られ、袖を通した福浦は「ずしりと重みを感じた。これまで以上に(記録)達成を実感した」と感無量の表情だった。また、高校時代までを過ごした千葉県習志野市の宮本泰介市長からは「習志野市民栄誉賞」が贈られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース