ソフトB加治屋、球団タイ72試合登板 史上初5年目新人王に色気

[ 2018年10月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―1ロッテ ( 2018年10月8日    ZOZOマリン )

8回、72試合目のマウンドに上がった加治屋(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 5点リードでも8回は加治屋だ。昨季の岩崎に並ぶ球団記録の72試合登板。8球で3者凡退とし、守護神・森に最後を託した。昨季まで4試合登板。「シーズンが始まったときは、ここまで投げられると思っていなかった。(登板数で岩崎に)並んだのはうれしいけど申し訳ない成績」と照れる。

 新人王の資格があり、楽天の田中、オリックスの山本らとともに有力候補に挙がる。入団5年目の受賞は過去になく「初と聞いたので欲しいな」と色気を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月9日のニュース